悩ましい結婚式の引出物~贈り分けがスマートにできる~

女性

マナーを守ってお返し

出産内祝いは出産祝いとして頂いた商品の1/3から1/2の商品を返すと間違いがありません。内祝いを送る時期は出産祝いをいただいてから一カ月以内を目安にできるだけ早めに送りましょう。内祝いには赤ちゃんの名前がわかるのしやカードをつけます。

詳しく見る

相手に合わせて贈る

贈り物

帰宅の負担を軽減

結婚式に出席して下さった方へお渡しする引出物は、地域や各家庭の考え方によって異なりますが、基本的な構成として、記念品と引菓子、鰹節などのしきたり品となります。結婚式においては奇数が縁起が良しとされているため、これらをまとめて3品、あるいは5品で1セットとするのが基本的な考え方です。メインとなる記念品の選び方ですが、地域によって格差はあるものの、最近人気が高いのはカタログギフトです。品物の場合は、年代、性別など属性によって喜ばれるものが異なることや、同じ年代や性別であっても好みは人それぞれであることから、万人受けするものが選ばれる傾向にあります。結婚式の引出物の場合は、頂くご祝儀の金額に合わせて内容を変える贈り分けを行うのが一般的ですが、カタログギフトの場合は見た目は同じでも中身の変更を簡単に行うことができるため、他人の目からはその違いが分かりにくく、引出物の贈り分けがスマートにできるというメリットもあります。カタログギフトの場合は、頂いた側が欲しいものを自由に選べる楽しみもあります。また、遠方から参列して下さった方にとっても、帰宅時に荷物になりにくいというのも喜ばれるポイントです。結婚式の引出物として喜ばれるものは、カタログギフトの場合でも品物の場合でも、普段自分のためにはなかなか購入しづらいもの、という意見が多いです。定番の食器なども人気ですが、高級食材や旅行などの体験ギフトも人気を集めています。

家族

通販サイトで探してみよう

敬老の日のプレゼントで迷ったら通販サイトをみると便利に買い物ができます。男性に人気のプレゼントはお酒です。お酒は本人が普段からのんでいるものを贈りましょう。女性に人気のものはお花です。手入れが好きな方には鉢植えがおすすめです。プリザーブドフラワーという水をかえなくてよいものもあります。

詳しく見る

ギフト

ブライダルギフトの選び方

結婚式の引出物を贈る際には、相手との関係性や属性を考慮して選ぶ必要があります。相手の方との関係性に応じて、金額も変わってきます。喜ばれる品物は、自分では購入しないプチ贅沢品や頂いた側が好みの品物を選べるカタログギフトです。

詳しく見る

ギフト

相手のニーズを考えて

出産内祝いは現在では出産祝いのお返しという意味が強くなっています。消耗品がよく、金額は半額程度が目安です。選ぶときは相手の喜ぶものを選ぶのがポイントです。もらうと困るかも選ぶときのポイントとなります。

詳しく見る

男性

祖父母への贈り物

敬老の日にプレゼントを贈るのが一般的ですが、孫からすると何を贈ればいいかとても迷います。そんな時には相手の好みにもよりますが、お茶・和菓子・米菓から選ぶと無難です。これらは年配者が好みやすい商品であり、価格帯も幅があるので、自身の懐状況により選ぶことができます。

詳しく見る