悩ましい結婚式の引出物~贈り分けがスマートにできる~

相手のニーズを考えて

ギフト

注意すること

出産内祝いとは、現代では出産祝いのお返しのことを主にさします。出産の喜びをおすそ分けする気持ちで、自発的に贈るものを本来は出産内祝いというのですが、現在ではお返しという意味がメインとなっています。出産内祝いを贈るときは、相手のニーズを考えて贈るのがポイントです。出産内祝いは何度ももらうことがありうるものなので、食べ物や飲み物といった消耗品がふさわしいとされています。洗剤やタオルなどの日用品でもかまいませんし、カタログギフトもOKです。金額としてはいただいた金品の半額から三分の一程度が目安です。相手が一人暮らしならば日持ちのするものが喜ばれますし、子供がいれば子供向けのお菓子やジュースなどもよいでしょう。料理が好きな人ならばこだわりの調味料などもよいですし、家族が多ければお米などもおすすめです。逆に、何をもらうと困るかを考えるのもポイントといえます。一人暮らしで甘いものが苦手な人にバウムクーヘンなどの大きなお菓子や生菓子は困りますし、年配の人はカタログギフトの面倒さを嫌うこともあります。何であれ贈る行為には気持ちが大切ですが、せっかく贈るのならばより喜ばれるものを選ぶべきでしょう。また品物だけでなく、カードや手紙などで感謝の気持ちを伝えるのも大切です。感謝の気持ちを伝えることがむしろ本来といえるでしょう。たいていの出産内祝いショップではカードを添えられるのでそうしたサービスを利用してもよいですし、別途手紙を贈ってもよいでしょう。