悩ましい結婚式の引出物~贈り分けがスマートにできる~

マナーを守ってお返し

女性

3つのポイント

赤ちゃんが産まれたらお祝いの品を頂くことがよくあります。お祝いの品を頂くと必要になってくるのがお祝いのお返しである出産内祝いです。とは言っても、出産内祝いとはどうすればいいのか見当がつかない方も多くいらっしゃることでしょう。では出産内祝いに外してはならないマナーとはどのような点でしょうか。まず内祝いとして返す商品の金額です。出産内祝いの場合は、頂いた商品の目安金額の1/3から1/2のものを返すと失礼がありません。あまり高価なものを返すと、せっかくお祝いを贈ったのに、意味がないと捉えられ、不愉快にさせてしまうことがあります。一方あまり金額が低くてもマナーがわかっていないと捉えられます。おおよそ半額より少しお手頃なものを返しておくと間違いがありません。次は内祝いを送る時期です。お祝いを頂いてから一カ月を目安に返すようにします。あまり返す時期が遅れてしまうと、今さらどうしたのだろう、と思われてしまいがちですので、早めに返すようにします。また、内祝いを送る際には、カードやのしに赤ちゃんの名前をつけて送るようにしましょう。せっかく赤ちゃんのお祝いを送ったのに、どんな赤ちゃんが産まれたのか、赤ちゃんの名前すらわからないでは、送った側も面白くないものです。感謝の気持ちをこめて赤ちゃんの名前がわかるようなものをつけるようにしましょう。赤ちゃんの産まれた重さと同じ重さのお米なども内祝いによく選ばれていますが、赤ちゃんを知ってもらうためにはよい内祝いです。